対人関係や転職で苦しむすべての人へ

人間関係で苦労している人は多い。

現代はコミュニケーション能力が重視される時代だ。

記憶能力や計算能力、検索能力や整理能力などはコンピューターに代替されるようになった。私達に求められる仕事、残された仕事は、「顧客にとって、相手が人間であることを求めるもの」に集約されつつある。

つまり、私達に残されるのは、対人関係の仕事ばかりだ。働く人間には必然的に、顧客に相対する対人能力が必須となる。

だから、今の時代はコミュニケーション能力に劣る人間を問題視するようになり、コミュ障などと呼び、病気とみなす風潮さえ出てきた。つらい時代である。

「人間の問題は、すべて対人関係上の問題だ」

数年前に『嫌われる勇気』という本がベストセラーになった。

の思想のベースになったのは、アルフレッド・アドラーという心理学者の考え方だ。

アドラーによれば、人間の抱えるあらゆる問題は、対人関係から引き起こされているという。

それはあまりに一面的な見方で、批判も多く受けている。ただ、コミュニケーション能力の欠陥や、対人関係能力の欠如によって、問題を抱え、苦労をしている人は星の数ほどいる。

対人関係は、すべての問題を引き起こしているわけではないが、多くの問題を引き起こしているのは間違いない。

それは、なぜだろう?

世の中には嫌な人間が多い

人間関係に人々が悩む理由の一つ、世の中に良い人ばかりではなく、悪辣で自己中心的な人間が多数生息しているからだ。

私たちが生きる以上、学校、会社、近所、何らかのコミュニティーに属していかなければならない。そこに自分にとって嫌な人間が混じることは、よくある話だ。

その人間は、自分が不快だと思うことばかりをしてくる。やめてほしいと依頼しても、決して辞めない。相手がコミュニティーに居座るならば、自分がコミュニティーから離れられないならば、我慢するしかない。それがストレスを生み、軋轢を生む。

多くの人間の悩みが、ここから発生する。

釈迦はそれを、「怨憎会苦(おんぞうえく、会いたくない嫌な人間とである苦しみ」であり、生きている以上経験せざるを得ない苦しみだと説いている。

生きている限り、人は嫌な人間と会うことを避けられないのだ。

それでも我々は生きていかなければならない。

人間関係でいくつも苦労をしてきた

私はブラック企業をいくつか渡り歩いてきた。

給料の遅配、長時間労働など、さまざまな目に合ってきたけれども、1番つらかったのは人間関係の悩みだった。

給料の遅配は慢性的だったために、貯金していざというときに備え、普段から支出を抑えていればなんとか対応できた。

長時間労働も、同僚との関係が優良だったら耐えられた。

しかし、嫌な人間と一緒に働くのはつらかった。

途中入社した会社の人間の一部が私を毛嫌いし、嫌がらせを受けたことがある。彼らは自分たちが正しいと思い、私をいくらイジメても当然だと思いこんでいた。社会人にもなって陰湿なイジメをする人々がいるという事実は私を打ちのめした。

あるいは別の会社では、嫌な人間が途中入社してきたこともあった。自分勝手な言動を繰り返す彼を敬遠する人が多い中、イジメられた経験を持つ私は彼に同情して、積極的に話しかけるようになった。

ところが、あることがきっかけで、私との仲は破綻してしまった。彼が転職するまで、無視しあう関係となった。

以上のできごとについては、いずれブログの中で詳しい話をすることもあるだろう。
(→参照:「被害者でもあったし、加害者でもあった」)

それ以外にも多くの人間関係のトラブルを経験してきた末にわかったのは、人間関係の悪化には原因があり、原因は解決することができるという事実だ。

我慢するか、対人能力を養うか

人間関係のトラブルに巻き込まれた場合、1番工夫を必要としないのは、我慢するということだ。自分も相手も変わらない。嫌な気持ちになる日々だが、我慢すれば済む話だ。

あなたの精神がもつならば。

しかし、それよりも優れているのは、問題を解決することだ。

苦労は努力の必要を生む。元々コミュニケーション能力が低かったために、必然的に無駄なトラブルに巻き込まれてきた私は、対人関係について書かれた本を読む機会が増え、それを実地に応用しながら対人関係を磨いてきた。

お陰で、元々低いコミュニケーション能力の持ち主が、どうすれば良好な人間関係を築き、どうすればトラブルが起こっても解決できるのかについて、学習を重ねることができた。

対人能力を磨くことは、トラブルから自由になることだ。悪質な人間が途中入社する以外に、周囲とトラブルを起こすことも無くなり、今は日々の自由を満喫している。

出典:ぱくたそ

あるいは転職するか

ただ、一度破綻した人間関係を修復することは難しい。また、同僚たちが悪質な場合は、いくら努力しても徒労となることも多い。

いくら状況を変えようと努力しようとも、あるいはそもそもトラブルに合わないように工夫いようとも、どうしてもうまくいかないときはあるのだ。

その時には、転職以外に事態を好転させる方法はない。

かくいう私も、結局は転職せざるをえなくなり、転職を何度か経験してきた(対人関係の悪化ばかりが転職の原因ではない)。お陰でさまざまな仕事を経験でき、異なる職場でどうふるまい、どうはたらけばいいのかについて、若干の知見がある。

 

対人能力と仕事で悩む人のために

あなたは今、かつての私と同じように、コミュニケーションで悩んでいるかもしれない。

あるいは、人間関係改善に努力してもうまくいかず、転職を決意したところかもしれない。

あるいは、働くということがどういうことか、という根本部分で悩んでいるかも知れない。

あなたに、私の経験が少しでも役にたてばいいと思って、このブログを書くことにした。


かつてスティーブ・ジョブズは、無駄と思えた一つ一つの点のような経験であっても、将来の成果に向けて線としてつなげていけばいい、それが成功につながる、と説いた。

あなたを邪魔したすべての点をつなげ、あなたの人生を良いものにする線へと変えていってほしい。

このサイトは、かつての私と同じような状況にいて、孤独に戦いを挑んでいる20代から30代の人々を応援することを目的として、作成している。

 

サイト管理人:waon

コメント