対人関係

対人関係

機嫌の悪い人間の機嫌を取るな

「説明の意味がわからない」と言われたときは という記事で、 ただ、もしも単に上司があなたのことを嫌いだったり、機嫌次第で言うことがコロコロ変わったりする場合もある。それは論外、上司がクソということ。 と述べた。 感情の起伏が...
対人関係

ご飯に他人を誘う努力は必要だ

元々私は、他人と一緒に飯を食わないタイプだった。 それが顕著になったのは、社会人になってからだった。 ひとり飯に慣れた社会人生活 中学時代までは、班ごとに食事を取るように強制された。高校や大学は、価値観の合う友達が多くて、頻繁にで...
対人関係

職場の人間関係を修復するには

今日の記事は、「職場の人間関係をこれ以上悪化させないために」の続きだ。 なにかがきっかけとなり、職場の人間関係が悪化したとき、相手の嫌がらせに反応しないこと、怒らないことをお勧めした。 では、関係を改善させる方法はないのだろうか...
対人関係

職場の人間関係をこれ以上悪化させないために

職場の人間関係が悪化することがある。とてもつらい。従業員の人数が少ない事務所だったら、なおさらだ。必ず顔を合わせなければならない上司や同僚、部下が、自分を嫌い、これまでのように楽しい関係が築けなくなってしまえば、ストレスとなる。 態度が激...
対人関係

できない人を責めてはならない

学生時代に、私からみれば怠け者のように思えたサークルの友人がいた。 性格は良いのだが、何かをお願いしても、 「やっとく」 と言うものの、やろうとしない。 締切日が近づいてもやろうとしないから、焦って催促すると、ようやく取り掛...
対人関係

空気を読めない同僚と一緒に働いていたときのこと

先日の記事「空気が読めずに孤立して自殺を考えた」で、嫌がらせを受けていた私の過去について述べた。 逆に、かつての私と同じような人物が入社してきたときのことについて書こうと思う。 そのときに考えたこと、どう接したか、どう接すべきだ...
対人関係

空気が読めずに孤立して自殺を考えた

人間関係に悩んでいた頃は、他人の非は見えていたが、自分の非が何かが分からなかった。 ところが、対人能力が改善されるにつれて、当時の自分の態度を反省することが増えた。 「これじゃ、人間関係が壊れるのも仕方がなかった」 と思うことが増...
対人関係

陰謀論にハマる人とどうつきあうか

世の中にはオカルト好きな人は多い。たとえば霊現象だとか、宇宙人だとか、超古代文明だとか、ヨガだとか、さまざまなオカルト的なものに興味を持っている人がいる。 ところが、妄想、陰謀論に取り憑かれてしまうひとがいる。 たとえば、この社...
対人関係

批判的な人は、親の愚痴に影響されていないか?

社会問題に関心を持ち、社会に批判的であることを誇る人がいる。 かつての私もそうだった。 社会批判が世界を変える 学者タイプの人に多い。金を稼ぐことに執着しない。代わりに、立法や行政に働きかけて社会を変えることを望む。社会制度自体に...
対人関係

自慢話とマウントの取り合いについて

誰かの自慢話を聞いている周囲は、賞賛している人ばかりではない。むしろ、カッコ悪い、ダサいと思いながら聞いている。 しかし、自慢話を語りたがる人とも仲良くしなければならない。だから嫌悪感を隠して、ニコニコと自慢話を聞きながら、おべんちゃ...
スポンサーリンク
未経験の転職ナビ