アスペルガー

空気を読めない同僚と一緒に働いていたときのこと

先日の記事「空気が読めずに孤立して自殺を考えた」で、嫌がらせを受けていた私の過去について述べた。 ところが、それから何年後に、かつての私と似たような人物が私のいた会社に入社してきた。 そのときに考えたこと、どう接したか、どう接すべきだったのかについてまとめてみたい。その人物をBとするが、Bは、かつての私と同じように、コミュニケーションに癖のある人物だった。 最初はうまくいっていた 私がある企業で働 […]

空気が読めずに孤立して自殺を考えた

人間関係に悩んでいた頃は、他人の非は見えていたが、自分の非が何かが分からなかった。 ところが、対人能力が改善されるにつれて、当時の自分の態度を反省することが増えた。 「これじゃ、人間関係が壊れるのも仕方がなかった」 と思うことが増える。 それを痛感したのは、昔の自分と同じタイプの人間に出くわしたときだった。 反省を含めて、約10年前の自分の態度をふりかえると同時に、かつての自分と似たタイプの同僚と […]